生産

安全・安心を第一に考えれば必然と工場環境・衛生管理体性は厳しい基準に。

安全の基本は、二重三重の管理体制

命の源となる食品を扱う企業としてまず第一に考えるのは、安全・安心な商品をお客様へご提供することです。「タナカフーズ」では食品衛生委員会を設け、社員一人ひとりの衛生管理に対する意識向上を図るとともに、原材料から製品になるまでの各加工段階においても厳密な品質チェックを実施。また、生産施設には外気の侵入を防ぐ高速シャッターや自動手洗いシステム付のエアシャワーを設置。加熱工程のない油脂加工品の生産ラインにおいてはクリーンルームを実現し、ヘパフィルターで空気を清浄しています。このような何重もの管理体制を徹底することで、安全を食卓へお届けしています。

さらなる安全・安心を追求

タナカフーズでは、これまでも常に食の安全・安心にこだわったものづくりを行って参りましたが、その要求はさらに強いものになってきております。そんな要望にいち早く応えるべく、つくば工場を建設いたしました。関東の拠点としての量産工場であるとともに、最新鋭の自動化設備や衛生管理システムを導入。隅々に至るまで食の安全・安心にこだわり衛生管理を徹底。環境対策にも力を注ぎ、製造ラインを見直し配管ロスを削減。廃棄物は分別の上、冷蔵保管し飼料などにリサイクルされています。廃水処理においても最新設備を導入。今後もさらにゼロエミッション実現に向けて取り組んで参ります。

生産

© Tanaka Foods Co.,ltd. All Right Reserved.